さっぽろ村ラジオ(FM 81.3   インターネット NEW ZONE FM で、全国で聴けます)
                毎週火曜日 午後2時からの番組 「宮川じゅんの待たせてゴメンね!」 お聴きください

生活相談など、私への メール ⇒ ■ここをクリック■ (個人情報をわからないようにして公開することがあります。非公開希望の方は、「非公開希望」を書いてください)
                     
                 ブログへの「コメント」は、内容を確認させていただき、ブログの趣旨に合うものを公開します。

生活保護問題を中心にしたブログ「宮川じゅんの生活保護相談ブログ」http://matasete-soudan.blogspot.jp/もあります。ごらんください。         

2017年9月16日土曜日

娘の好きな・・・

 次女は幼い頃、「大きくなったら、辛いカレーライスを食べて、お酒を飲みたい」と言っていました。
 ・・・私のことですね。
 子どもが小さいときは、子ども用の辛くないカレーライス(妻もこちらを食べていた)と、別鍋で普通程度に辛いカレーライス(私向け)を作っていました。そして私はお酒を飲みますから、次女は「大人は、辛いカレーライスを食べる。お酒を飲む」と思ったのでしょう。
 大人になった彼女は、私以上に辛い物を好きになったようです。
 こんなに大きなタバスコを買ってきました!


2017年9月13日水曜日

第3回定例道議会開会

 9月12日から北海道議会第3回定例会が開会しました。
 開会日の朝には、日本共産党道議団の4人がそろって、道庁北門前で宣伝をするのが恒例になっています。


 なお、9月20日午後1時頃から、私が代表質問を行います。みなさん、傍聴に来てください。

2017年9月11日月曜日

北海道の炭鉱遺産

 かつて、炭鉱は北海道の主要産業でした。石炭を運ぶために鉄道を敷設し、港から全国に送ったのです。
 私が生まれ育った岩見沢市は、石炭の集散地として発展しました。
 その産業遺産を守り保存しようという機運が高まり「炭・鉄・港(たんてつこう)」という言葉もできています。
 岩見沢市内の「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」、三笠市内の「旧住友奔別炭鉱」、赤平市内の「旧住友赤平炭鉱」に、菊地葉子道議と一緒に調査に行きました。


 旧赤平炭鉱は、炭鉱隆盛時の機械等も保存されていて、坑夫の方々が乗った狭い列車にも乗せてもらいました。

三笠市内の「旧住友奔別炭鉱」

2017年9月10日日曜日

幌延町 深地層研究センター

 私は、畠山和也衆議院議員、辰巳孝太郎参議院議員、鷲見悟幌延町議会議員らと、幌延町にある深地層研究センターの調査に行きました。
 原発のゴミである放射性廃棄物をガラス固化体にし、金属製のオーバーパックに詰め、粘土を主成分にした緩衝材の中に入れて、地中に埋めるための研究をしている施設です。
 地元の住民からは、なし崩し的に放射性廃棄物を埋めるのではないかという心配の声が出されています。

 地下深くまで、エレベーターで降りていき、坑内で説明を受けました。


左から、私、辰巳孝太郎参議、畠山和也衆議
 放射性廃棄物を覆っている緩衝剤もオーバーパックも、いつかは腐食しますが、それまで時間がかかるので放射能は少なくなっているという考え方のようです。
 しかし、想定より早く(数百年後とか)放射能が拡散した場合、誰が責任を取るのでしょうか。
 放射性廃棄物が埋められている場所が、何者かによって攻撃される心配はないのでしょうか。
 やはり、原発を無くすることが一番安心できる方法ではないでしょうか。

2017年9月3日日曜日

東区元気まつり

 日本共産党の札幌東区後援会主催の「東区元気まつり」が行われ、多数の方に参加していただきました。


 後援会の方々の売店も多数並びました。
 ステージでは、


可愛い日本舞踊


鬼剣舞


北海道合唱団などなど。

 そして、来たるべき衆議院選挙で勝利しよう!と燃え上がる党と後援会です。