さっぽろ村ラジオ(FM 81.3   インターネット NEW ZONE FM で、全国で聴けます)
                毎週火曜日 午後2時からの番組 「宮川じゅんの待たせてゴメンね!」 お聴きください

生活相談など、私への メール ⇒ ■ここをクリック■ (個人情報をわからないようにして公開することがあります。非公開希望の方は、「非公開希望」を書いてください)
                     
                 ブログへの「コメント」は、内容を確認させていただき、ブログの趣旨に合うものを公開します。

生活保護問題を中心にしたブログ「宮川じゅんの生活保護相談ブログ」http://matasete-soudan.blogspot.jp/もあります。ごらんください。         

2017年4月16日日曜日

ラジオ収録 出張ヨガ札幌

 札幌市東区を中心に放送しているコミュニティFM「さっぽろ村ラジオ」(FM81.3)の番組「宮川じゅんの待たせてゴメンね」(毎週火曜日午後2時から2時半)の収録をしました。

 ゲストは、ヨガの先生、「Love Prana Yoga」主宰の中村美日子(なかむら・みいこ)さん。



 中村さんは、早稲田大学を卒業後のサラリーマン時代、大変なストレスで体調を崩し、わずか24歳で更年期障害のような症状になり、休職したそうです。
 休職中に、ヨガに通うことで回復。
 回復後、元の仕事に戻るのではなく、ヨガの道に進み、全米ヨガアライアンス認定、上級インストラクターによる出張ヨガ&少人数制養成講座を開業したのです。

 職場や個人宅、ママ友さんたちの集まりの場に行き、ヨガを教えてくれます。1回10,800円(人数に関係なく)、4人以下の場合5,400円だそうです。
 ヨガ教室のスタジオもあり、通って指導を受けることもできます。
 「経済的に、体力的に、負担なく」ゆっくりと続けられることがモットーだそうです。
 出張ヨガに関心のある方は、https://www.lovepranayoga.com/lovepranayoga%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%81%A8%E3%81%AF/
 通いの教室に関心のある方は、https://www.hotyogaloungeloop.com/
をご覧ください。

 私も、年齢を重ね、「体のメンテナンスを考えながら、仕事を続けていきたいなぁ」と思いました。




北海道2区市民と野党のトークカフェ

 4月15日18時30分から、札幌市民ホールで、「2区(東区・北区)市民と野党のトークカフェ第2回」が行われました。
 日本共産党2区国政対策委員長の金倉まさとしさん
 民進党衆議院議員の松木けんこうさん
が、参加し、政策等を訴えました。

 金倉まさとしさんは「松木さんの印刷物にも、消費税10%反対、原発ゼロなどが書かれており、一致できる。野党が共闘できることが明らかになっている。アメリカのシリア攻撃と日本の追従は問題だ。共謀罪は廃案に追い込もう」と訴えました。
 松木けんこうさんは、「民進党内に派閥を作るべき。ある大学に獣医学部の設置許可をすることなどは、権力の乱用ではないか。権力は抑制的にすべき。共謀罪は問題だ」などとしました。

 今回は、札幌市東区・北区の地方議員にも、参加と発言が呼びかけられていました。
 私(道議、共産、東区)は、「戦争法(安保関連法)に反対した運動を一時的なものに終わらせず、市民が政治を動かす時代を作りたい。福島第一原発の事故を教訓に、原発のない日本を目指したい」

 佐野弘美道議(共産、北区)は、「教育勅語を、教材として認める閣議決定は許されない」
 

 太田秀子市議(共産、東区)は、「国民健康保険料滞納者から保険証を取り上げることは許されない。憲法が生かされる政治を」

 平岡大介市議(共産、東区)は、「共謀罪を廃案にと運動を進めている。選挙で与党を減らそう」

 篠田江里子市議(民進、東区)は、「市議会で不育症のことなどを取り上げている」

 また、高橋龍小樽市議(民進)からも発言がありました。

 「市民と野党の共闘を求める2区の会」では、「共謀罪にNO!!を!」の街頭宣伝を行う予定です。
 4月30日(日)午後2時から 北区麻生イオン前
 5月6日(土) 午後2時から 東区地下鉄栄町イオン前
 日本共産党、民進党、社民党、市民ネット(市議会会派)の議員をはじめ、多くの市民の皆さんの参加を呼びかけています。
 

2017年4月5日水曜日

種子法 農業試験場調査

 衆議院では、種子法廃止法案が可決し、参議院で審議が始まります。
 種子法は、稲、麦、大豆について、優良品種を決定するための試験等を、都道府県に義務付けているものです。

 種子法の廃止について、JAグループは「同法の廃止は国民の基礎的食料である米、麦、大豆の種子を国が守るという政策を放棄するもので、種子の供給不安、外資系企業の参入による種子の支配などの懸念が国民の間で広がっている」としています。

 主食の種子は食料主権の根幹にかかわる問題です。

 紙智子参議院議員、佐野弘美道議会議員と一緒に、北海道中央農業試験場に調査に行きました。


 新品種の開発には、交配、養成、調査など、10年以上の歳月をかけて行っています。
 道内産のおいしい米として人気の「ゆめぴりか」は、30年以上もかけて開発したそうです。


 おいしく優良な農産物を生産するための、研究成果などの国民の財産を、民間や外国の企業に売り渡すことになるのは、重大問題です。

2017年4月3日月曜日

ラジオ収録 声のお仕事をしています

 札幌市東区を中心に放送相しているコミュニティFMさっぽろ村ラジオ(FM81.3)の番組「宮川じゅんの待たせてゴメンね」(毎週火曜日午後2時から2時半)の収録をしました。

 ゲストは、声のお仕事をしている成田理奈さん。

 成田さんは、さっぽろ村ラジオ、毎週木曜日午前11時から午後2時までのデイライト・ストリートのMCをしています。
 職業は、「声のお仕事」・・・ラジオや、結婚式、イベントなどの司会などをしています。

 子どものころから「声優をしたい」と思っていたそうです。
 「なぜ、声優?」とうかがうと、「アンパンマンの声をやっているのが女性と知って驚いた。声優は、男性にも女性にも、どういう人にもなれるから」だそうです・・・なるほど、アンパンマンに出てくるチーズにもなれるよね!

 フリーで、司会などをされています。
 明るくて、話していると楽しくなれる方です。これからも、頑張ってほしい!

2017年3月21日火曜日

ラジオ収録 避難者の思い

 札幌市東区を中心に放送しているコミュニティFM「さっぽろ村ラジオ」(FM81.3)の番組「宮川じゅんの待たせてゴメンね」(毎週火曜日午後2時から2時半)の収録をしました。

 ゲストは、都築啓子(つづき・ひろこ)さん。



 都築さんに「肩書は、なんて紹介したらいいでしょうか?」と伺うと、「では、区域外避難者と」とのこと。
 福島第1原発事故の避難指示区域ではない地域からの避難者という意味です。
 私は、「自主避難者」という言葉を使ってきましたが、本当は「自主的」に避難したのではなく、やむにやまれぬ事情(被ばくのこと)から、避難指示区域ではないところから、避難したということです。

 前橋地裁で、避難者が、東京電力と国を相手取って起こした裁判で、東京電力と国の責任を認める判決が出ました。
 全国各地で、避難者が、同様の訴えを起こしていますが、その最初に前橋地裁判決が出たのです。
 東京電力と国の責任を認めたことは、非常に大きなことです。

 都築さんも、避難者の一人ですから、強い関心を持って判決を見守っていたそうです。
 責任を認めたことは、画期的ですが、慰謝料の金額が少なかったり、出なかった人もいることは、不十分だということです。

 そして、避難者の支えとなってきた「住宅支援」(家賃補助)が、一部打ち切りになることは、避難者の生活にとって、厳しいことなのだと、お話しいただきました。

 お話の内容は非常に重いのですが、楽しい収録でした。